Android

【コピペでOK】Androidアプリ開発(カスタムダイアログの作成方法)

Pocket

こんにちは!
せのり(@senoriblog)です。

今回はAndroidアプリのカスタムダイアログの作成方法を紹介します。

一般的に、Andoirdでダイアログを作成する時は"DialogFragment"を拡張すると思いますが、今回は"DialogFragment"を使用せずに作成しようと思います。

■完成イメージ

■開発環境
・言語:Java
・IDE:Android Studio 4.2.2
・APIレベル:30

上記の内容で解説します。
それでは、順番にみていきましょう。

プロジェクト構成

root/
 ├ java/
 │ ├ DialogButtonTextView.java
 │ └ MainActivity.java
 └ res/
   └ dialog_layout.xml
※一部省略

解説

1. DialogButtonTextView クラスを作成する

まずは、AppCompatTextView を継承したカスタム View を作成します。

2. カスタムダイアログのレイアウトを作成する

作成した DialogButtonTextView クラスを使用して、カスタムダイアログのレイアウトを作成します。

DialogButtonTextView クラス = ボタンの View となります。
今回は、OK/キャンセルのように2つのボタンを表示できるレイアウトとしています。

"com.senori.dialogSample.DialogButtonTextView"タグを複製して、ボタンを増やすことも可能です。

  • Negative ボタン(35-50行目)
  • Positive ボタン(51-66行目)

3. ダイアログを表示する

MainActivity.java に showCustomDialog メソッドを作成します。(66行目)

今回は、ボタンクリックで showCustomDialog メソッドを呼び出すようにしています。(53行目)

Positive ボタンクリック時の処理は41-46行目で、Negative ボタンクリック時の処理は47-52行目で設定しています。

4. アプリを実行する

ボタンをクリックすると、カスタムダイアログが表示されたら完成です!

今回のソースコードは以下にアップしています。

-Android
-, , , ,

Copyright© SENORI BLOG , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.